~賃貸住宅フェア2017~

こんにちは

朝夕はだいぶ冷え込んできているのに
ようやく長袖に変えて寝るようになったKUROです。


昨日 インテックス大阪で 開かれました

賃貸住宅フェア2017』に行って来ました。

賃貸住宅オーナー様や業者様がいっぱいおられ

朝から行きましたが入るのに時間がかかりました

最新の賃貸住宅の動向や、設備、金利や情勢など
あらゆる方面からの賃貸についての意見が飛び交ってました。


ここで一つ

今では賃貸オーナー様や家主様と呼ばれておりますが
今から200年前の江戸時代は『家守』とよんでいたそうです。

家守(ヤモリ)・・・江戸時代、地主・家主に代わってその土地・家屋を管理し、地代・店賃 (たなちん) を取り立て、また、自身番所に詰めて公用・町用を勤めた者。

色んな設備がある中で最近注目されているのが
インターネット無料賃貸!!
入ったその日からWiFiが繋がります。。


インターネットは今やライフラインの一つ

単身者向け、ファミリー向け共に1位だったのがインターネット無料です。

ネット社会と言われて久しくなりますが、インターネットはもはやライフラインの一つです。
インターネットは今のライフスタイルでは、欠かせないインフラ設備です。

入居者が自分でインターネット回線を引くとなると、回線工事の初期費用と月々のインターネット代がランニングコストとしてかかります。
それを考えると「インターネット無料」は、お得感があり、魅力に感じるのが分かります。
最近では、「インターネット無料」をうたった物件が学生向け物件を中心に増えているようです。


さらに、利便性を考えるとWi-Fi設備です。

昨今では全世帯の72%がスマートフォンを保有し、特に20代個人では92.9%、30代で86.2%と、ほぼ100%に近い普及状況です(総務省調べ)。

Wi-Fiがなくてもスマートフォンがあれば、ネットにはアクセスできるのですが、通信量の制限などがありますので、
制限を気にすることなく楽しむために自宅では、Wi-Fi設備が役立ちます。

インターネット無料で回線がすでに引かれていれば、自分でWi-Fiルーターを買ってくればWi-Fiを使うことができますが、
はじめから完備して入れば、さらに付加価値は高まると言えます。

既存物件の空室対策にもなりそうです。


KURO