コラム

注文住宅で家を建てるなら素材にもこだわって!人や環境にも優しい自然素材の魅力

近年は、暮らしやすさや健康のことを考えて、自然素材を使って家を建てたい方が増えてきています。人気を集めてきている自然素材というのは、どのようなものなのかまとめてみました。

住宅の素材として自然素材を取り入れるメリットとは?

住宅の素材として自然素材を取り入れるメリットとは?

住宅の素材として自然素材を取り入れることには、このようなメリットが挙げられます。

●人体に有害な化学物質が含まれていない

最大のメリットといえば、人体に有害となってしまう化学物質が含まれていないことです。ホルムアルデヒドなどの新建材から出てしまう有害物質がないので、体への悪影響を心配せずに採用することができます。

●調湿性に優れている

漆喰や無垢材、珪藻土などの自然素材は、調湿性にとても優れています。家の中の湿気を室外に放出したり、必要な湿気を室外から取り入れることができます。湿気の調節がスムーズにできるようになるので、カビの発生などの心配がなくなります。

●消臭性に優れている

自然素材は嫌なニオイを吸収する効果があり、消臭効果にも優れています。漆喰や無垢材、珪藻土などは、高い消臭効果を発揮します。

家づくりに使われる自然素材をご紹介

自然素材として使われることが多い材料をご紹介いたします。

●漆喰

消石灰が主材の材料であり、主に内壁に使われます。

●珪藻土

藻の一種である「珪藻」が海の底に積もって化石となったもので、主に内壁に使われます。

●無垢材

合板のフローリングなどと違って100%天然の木材ですので、見ための美しさや独特の風合いを発揮します。フローリングや建具、壁や天井の羽目板として使われます。

●コルク材

ワインの素材としておなじみのコルクは、再生資源として使うことができるので環境に優しい素材です。タイルやシートなどの床に使うことが多く、内壁や天井にも使うことがあります。

●い草の畳

昔ながらのい草の畳は、空気清浄化機能や保温・断熱効果など、様々な自然素材のパワーを発揮します。近年は建材畳が主流となってきましたが、畳を採用するならい草の畳がおすすめです。

自然素材はリサイクル可能

自然素材はリサイクル可能

その他にも自然素材の良い部分といえば、リサイクルが可能ということです。コルクや漆喰、無垢材は、リサイクルの物を使って作ることができます。

また、吹き込み断熱材のセルロースファイバーは、100%古紙を使ったリサイクル断熱材です。自然素材は、エコを支持する今の時代にピッタリの素材といえます。

自然素材は自然ならではの良さだけではなく、リサイクルにも貢献している材料です。建物に呼吸をさせて過ごしやすい空間へと導いてくれるので、注目すべき建材といえます。姫路でおしゃれなデザイン住宅、自然素材を使用した住宅を建築家に依頼したい方は、姫路市にオフィスを構える岸建工にお任せください。

スキルや経験豊富な建築家が在籍していますので、安心して設計・施工をご依頼いただけます。姫路で建築家をお探しでしたら、施工事例が多い岸建工をご利用ください。

姫路で建築家に依頼をするなら岸建工へ

社  名 岸建工株式会社
創  業 昭和45年3月1日
法人設立 昭和47年12月20日
代表者 代表取締役 岸 幸彦
資本金 2,000万円
従業員 20名
本社 住所 〒670-0086 兵庫県姫路市田寺1丁目1−1
電話 079-296-1911(代表)
FAX 079-240-7463
フリーダイヤル 0120-191-173
業務内容 総合建築請負、建築・土木の企画・設計施工
注文住宅の設計・施工、分譲住宅の設計・施工ならびに販売、不動産全般
免  許 建設業許可番号 兵庫県知事(特-24)第460608号
宅地建物取引業 兵庫県知事(1)第451405号
URL https://www.kishikenkou.co.jp